鍼灸治療

お知らせ・最新情報Topix&Information

みやま鍼灸整骨院
〒082-0013
河西郡芽室町東3条2丁目1番地3
TEL/FAX:(0155)62-0988

診療時間

  午  前 午  後
月・火・木・金 8:30

12:00
14:30

19:00
水・土 8:30~13:00
日・祝日 休  診

東洋医学(鍼灸治療)

多くのつらい症状や病気に効果的です

鍼灸治療写真画像

一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が
無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に
対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について
有効であると発表しました。
WHO(世界保健機関)で、鍼灸療法の有効性を認めた病気には、
次のものを挙げています。

【神経系】

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

◎関節症◎リウマチ◎頚肩腕症候群◎頚椎捻挫後遺症◎五十肩・腱鞘炎・
◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経異常・冷え性・血の道・不妊

【産科系疾患】

逆子・つわり・分娩異常

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・
耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

【その他】

リラックス効果・疲労回復・様々な不定愁訴の改善・安産の促進・胎児の呼吸器系、循環器系を丈夫にする等

上記疾患のうち◎神経痛◎リウマチ◎頚肩腕症候群◎頚椎捻挫後遺症◎五十肩◎腰痛◎関節症は、
わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。
鍼灸で健康保険を使って治療を受けるには医師の同意書が必要です。
当院に指定同意書がありますのでご相談ください。

同意書のもらい方
  1. ①当院にて問診

  2. ②同意書を持ち指定の医療機関を受診

  3. ③同意書をもらい当院へ

  4. ④治療開始

【適用疾患】

神経痛

坐骨神経痛・顔面神経痛など

リウマチ

関節が腫れて痛むもの

頚肩腕症候群

肩こり・首や肩、腕のしびれなど

頚椎捻挫後遺症

交通事故のむちうちなど

五十肩

肩が痛くて上がらないなど

腰痛

腰の痛み全般・ギックリ腰など

関節症

ひざ関節・股関節の痛みなど
料金の目安

 

初診

2回目~


健康保険

[ 1割負担 ] ~500円 ~300円
[ 3割負担 ] ~1.100円 ~660円

自賠責

すべて0円

労 災

すべて0円

材料費等すべて含まれた金額です。
保険適用にならないもの(内科疾患等)は1.000~4.000円になります。詳細はおたずねください。

鍼灸治療Q&A

以下、よくある質問のほんの一部です。
わからないこと、不安に感じていることがあれば、どんなことでもお気軽におたずねください。

Q&A 01

鍼治療は痛くありませんか?

まったく痛くないと言えば嘘になりますが、ほとんど痛くありません。
小学生のお子さんでも笑顔で治療を受けられるくらいです。

Q&A 02

鍼灸治療は毎日続けなければなりませんか?

必ずしも毎日続けなければならないものではありません。毎日続けた方がいい場合もありますが、1日おきや1週間に1度など、症状により異なってきますので、指示に従いご来院ください。